2007年05月02日

「第78回中央メーデー」に参加してきました!

 昨日は雨が降りしきる中、メーデーに参加してきました。いまさらなのですが、東京は人が多いこともあってスケールもデカイ。代々木公園に集まったのはなんと4万2千人。
41380c9206247ba0b351b9d32bf9aa42.jpg
 セレモニーのあと、今回のスローガンとメーデー宣言を採択してから、なんと3.8キロもあるデモ行進。代々木公園をスタートして新宿までの道のりを腕章ではなく、オリジナルのキャップ(メーデー仕様)をかぶって行進しました。
051032b266ab989a8ea220ee45c5af1b.jpg 以前は左腕に赤い腕章を着けて行進していたのが、いまは毎年オリジナルの帽子をかぶってのスタイルに!

 最近の風潮は「こちとら仕事してるのに、なに仕事サボって昼間からビール飲みやがって…時代遅れなんだよ!」という感じなのでしょうか。でもちゃんと自分の休みを取って『労働者の視点で生活しやすい社会』をアピールする唯一のデモンストレーションに参加しているんですけどねぇ。
 規制緩和による競争社会は自分が決めた枠の中でしか物事を判断しないような、新自由主義的発想を多くの労働者に植えつけてしまったように感じます。
 皆さんの職場ではどうですか?「経営者的発想を!」なんて上司から言われ、定時になんかに帰れない働き方してませんか。定時に帰れないのは人員が不足しているか、上司の仕事の組み立てに問題があるからで、自分の責任を部下に押し付けているだけなんですけどね。

最近新聞紙面にもメーデーという文字が少なくなってきたのでおさらいを!
【メーデーの起源】 
メーデーの起源は、1886年5月1日にアメリカの労働者と労働組合が8時間労働制を要求してストライキに立ち上がった運動にあります。
 ニューヨーク、シカゴ、ボストンなど1万5000を越える工場で働く38万人以上の労働者がストライキに突入しました。10時間を越える長時間労働に苦しめられていた労働者が「仕事に8時間、休息に8時間、そして自分たちのやりたいことに8時間を!」とプラカードに訴えを掲げてアピールしました。その結果、20万人あまりの労働者が8時間労働制を勝ち取ることが出来ました。しかし、資本家は8時間労働制が広がることを恐れ、権力を使ったさまざまな方法で労働者への弾圧を行い反撃しました。
 それでも世界の労働者は屈せず、再度ストライキで8時間労働制を要求してたたかうことを決め、フランス革命百周年の記念日にパリに集まった労働組合幹部たちは第2インターナショナルを結成し、その結成集会(国際労働者集会)で、1890年5月1日をアメリカ労働者の運動と連帯し、世界各国で一斉に集会やデモをすることを呼びかけました。ヨーロッパ、オーストラリア、ラテンアメリカなど世界各国で数十万の労働者が集会とデモを繰り広げ、これ以降毎年5月1日には労働者の祭典として『メーデー』が開催されるようになったのです。日本のメーデーは1920年から始まりました。
posted by 今だけ委員長 at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | こせきかつや通信

お台場で潮干狩り

 昨夜酒を抜いたので、今朝は異様に早い時間に目が覚めました。なんと4時に目が覚めて、それから眠れない・・・。

 「よしっ!海が見たい」ということで、ママチャリで5時前に家を出た。読みかけの小説とすでに届いてある新聞をカゴに入れていざ出発。
edc53be8816f485156c212c0beaf6ccf.jpg
 「どれ、大賑わいの新丸ビルでも見物するか」と思い、東京駅を目指て壮快にペダルをこぐ。閑散とした都内、新しい観光名所も人がいなけりゃ普通のビル。
 そこから銀座を突っ切って、築地、晴海の橋をのぼったあたりから息切れが・・・。「よし!ここまできたらお台場まで」とおのぼりサン気分で埋立地をキーコラ、カーコラ(一応3段変則のチャリなんですが)。この時点で7時。ホント早起きは三文の徳ですね。
b725bae6a04d36e91fa21104140e745f.jpg
 お台場の海浜公園では朝早くから「潮干狩り」をする若者が結構いらっしゃいます。気温もちょうどよいのでベンチに座り込み新聞を広げコンビニで買ったサンドイッチでブレックファースト(横文字が重要?)。2時間くらい本を読んだところでカップルや家族連れが続々集まってきた。賑やかになってきたところで撤収ー。もうこの時点で足はカクカクいってますw

 「どーれ!早起きしたご褒美に」と築地のすし屋(もちろん回転式ですが…)で少しはやめの昼メシ。チャリなので生ビールはお預けにして10皿も食べてしまった。しめて3000円チョイの贅沢な昼メシでした。満足×2!
 帰りはエライ混んでいて、銀座通りなんかはチャリに乗ったままでは通れない状態で、疲れも×2でして・・・
posted by 今だけ委員長 at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | こせきかつや通信

2007年04月28日

「文京つつじまつり」 文京区闊歩編

 文京区の弥生(1884年にこの地で貝塚の痕跡を発見。異なる時代の土器が発見され出土した地名とって弥生(土器)時代となった)地区の隣にある根津神社で開催している『文京つつじまつり』にも足を伸ばしてきました。
64a7449b243da80cb33eff4ea483b25b.jpg
 先週が見頃だったようですが、かなりの見物客で賑わってます。露店(佃煮の店が多い)もシルバー世代向けの肌着とか婦人靴を扱う店が軒を並べ長蛇の列に。
7430941d668e06988d5f0069721cd040.jpg
 色とりどりのつつじは絶景です!

 今日はゆっくり文京区内を闊歩してみました。メタボ対策というか、運動不足も甚だしいので…
 都内を中心に午後から凄い雷雨に見舞われ早々に切り上げましたが、次はどのあたりを闊歩しようかなぁ。
posted by 今だけ委員長 at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | こせきかつや通信

「団塊世代の象徴」東大安田講堂を闊歩

 いま住んでいる文京区を闊歩中。
fe49028e0d4adcd35383726a8ccd0daf.jpg
 東京大学キャンパスに立ち寄りました。正面入り口の赤門をくぐると正面に赤レンガ造りの安田講堂が見えてきます。「安田講堂」と聞くとピンとくる団塊世代の方が多いんじゃないかなぁ。
 1960年後半、第二次反安保闘争や全国の国立大学などで授業料の引き上げなどに反対する大学生らが全共闘に結集し、大学構内の建物をバリケードで占拠するなど武力闘争に展開し、大きな社会問題になったんです。1969年の1月18、19日にこの安田講堂を占拠していた全共闘と警視庁が封鎖解除を行った「東大安田講堂攻防戦」。
 「いちご白書をもう一度」(バンバン)をカラオケで歌うと「東大安田講堂事件」の映像が出てきますね。ヘルメットをかぶって講堂に立てこもり火炎瓶や投石で抵抗する学生に放水車で応戦する警察。白黒の映像がなんとも言えません。
 安田講堂は団塊世代(学生運動)の象徴として、いまもその存在感を示しています。
e407733385e2184a946cbb955157d491.jpg
 東大本郷キャンパス内のもうひとつの名所は「三四郎池」。
江戸時代は加賀藩の庭園の一部で、育徳園心字池というのが正式名称のようです。その後、明治時代に東京帝大(東大の前身)が所有し、夏目漱石の小説「三四郎」にちなんで三四郎池と呼ばれるようになったんですね。
posted by 今だけ委員長 at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | こせきかつや通信

GW初日は「根津神社」のつつじ

 文京区にある根津神社で開催されている『文京つつじまつり』にきてます。
 先週が見頃だったようですが、かなりの見物客で賑わってます。露店(佃煮の店が多い)もシルバー世代向けの肌着とか婦人靴を扱う店が軒を並べ長蛇の列に。
7430941d668e06988d5f0069721cd040.jpg
 イーグルス戦も気になりますが、今日はゆっくり文京区内を散策してみます。
posted by 今だけ委員長 at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | こせきかつや通信

2007年04月27日

職場からのメッセージ

今週末からゴールデンウイーク。
昨年10月から休職して東京住まいをしてから、仙台に帰省したのはまだ数えるくらい。結構スケジュールだけは埋まってしまいGWは帰れそうにありません。

先日、職場の同僚からメッセージが送られてきました。
7d165eadd2d4b79ee8f01c17f9142152.jpg
「早く帰ってきてぇ〜」という内容にポロリ…
職場を離れてから気持ちを切り替えてこちらでの仕事に専念しようとあえて連絡を控えてきたのですが、やっぱり嬉しいものですね。職場の仲間と「つながり」が継続されているという安心感とその心遣い。どうもありがとう。さっそく電話連絡してみます。
東京での生活も残すところ3カ月。やり残した課題はまだまだあるのですが、残された期間で悔いなく仕事に打ち込んで行こうと思います。
posted by 今だけ委員長 at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | こせきかつや通信

2007年04月23日

住みやすい街を創るために投票権を行使しよう

 統一地方選も佳境に入ってきました。
 長崎市の故伊藤一長(いっちょう)市長が選挙戦の最中に銃弾に倒れるという痛ましい事件もありましたが、大切なのは僕たち有権者がもっと選挙に意識を持つということ。自分たちが納めた税金を執行し、生活しやすい街づくりの実現のために議員の皆さんを選ぶんですから、じっくりマニフェストを読んで「自分の権利」を有効に使いましょう。その前に投票に行かなきゃダメですけどね。

 僕は東京在住が1年未満ということもあり、住民票を移していないので投票権が無かったのですが、過日の都知事選の結果(石原氏への投票総数2,811,486票)を見て「都民の皆さんの判断基準はなんだろう?」と首を傾げてしまいました。浅野史郎さんももっと頑張れるかなぁと思いましたが16,943,323票と伸び悩み。出遅れたというか、江戸っ子の固定票にはかなわなかったのでしょうねぇ。

で、「都民の皆さんの判断基準は難なんだろう?」と疑問を持った背景には、石原氏の四男の作品が展示してあるという話題のトーキョーワンダーサイトと2016年のオリンピック(東京開催は無理でしょうが)候補地を現場取材してきたからなんです。
50581f909ed55a778bf828fbe3985f2e.jpg
 トーキョーワンダーサイトは都内に3箇所あるのですが、僕は本郷(文京区)と渋谷(渋谷区)に行ってきました。本郷の方はガラガラで1週間後に再訪問したんですけど記帳を見ると僕の後に8名しか入っていない。1週間で…。
 芸術には税金は惜しまないのでしょうか都民の皆さんは?
71b13618b01adf087ed61102e410db35.jpg
 東京が2016年のオリンピックに立候補しているのは周知のとおりですが、借金王国なのにジャパンマネーをばら撒いて誘致するのは止めてもらいたいですね。そのメインスタジアム予定地(中央区晴海)、選手村予定地(江東区有明)を建設し、現在の築地市場(中央区)をメディアセンターとして報道関係者の宿泊施設を建てる予定だとか。交通アクセスも不便なので、道路拡張なんかもされるんでしょう。建設業の方は潤うのかもしれませんが、その後どうすんの?という思いが募ります。

 宮城県でもサッカーワールドカップの誘致を目的にしてアクセスの悪い利府町に大きなスタジアムを建てましたが、維持費で年間数億円かかるとか。無駄が金を生むシステムはもうやめましょう。そのような行政の問題点を新聞が報じてくれて、僕らが選挙で問題を解決してくれる(くれそうな)候補者に1票を投じるという権利を諦めないで行使しましょう。
posted by 今だけ委員長 at 06:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | こせきかつや通信

2007年04月22日

「季節感って・・・」 仙台人だから思うこと

 今年ほど「異常気象」を実感した年はありませんでしたねぇ。東京に住んでいることもあるのですが、雪を見たのは先月山形へ行ったときに新幹線「つばさ」の車中から見た積雪1回だけ。仙台から持ってきたウールのコートなんか1回も着ないまま里帰り?することになりそうです。

 「地球温暖化現象」については、もっと真剣に考えなければと思いますね。アメリカの元副大統領のアル・ゴア氏が、自らのドキュメンタリー「不都合な真実」の広報として今年1月に来日した時は、結構メディアも取り上げたのですが今はどうでしょう? 「地球規模の問題なんて僕らの生活に関係ない」そんなところでしょうか。
 科学技術の進歩で便利な暮らしを送れるようになった半面、季節感のない暮らしもこれから強いられるかもしれませんね。自然の力にはかないません。
14beca3817ed3091089583852facfead.jpg
 今日のランチは自宅近くの中華屋さんで、今年初の冷やし中華を食べました。まだ4月なのにと思いながら、やっぱり仙台人ですから冷やし中華食べないとねぇ。そう言えば食べ物も季節感というか“節のもの”という感覚がなくなっているような気がするなぁ。四季がハッキリしている仙台。そこで育った僕はそう思うのです。
posted by 今だけ委員長 at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | こせきかつや通信