2008年03月06日

JPメディアダイレクトが発足

 以前、このブログにもアップした郵便事業会社、電通、電通テックの3社による共同出資会社「JPメディアダイレクト」が2月29日に業務を開始しました。
資本金は4億9000万円(郵便事業会社51%、電通34%、電通テック15%)で、日本郵政が構築したデータベースを使ってターゲットを絞り込んだ広告やダイレクトメールを企画・販売するとのこと。

 同社のホームページには、「企業が最適な情報の伝達を行うこと」「生活者が有益な情報を取得すること」を企業理念に掲げ、「安全」「手軽」「効果的」にプロデュースし、ダイレクトプロモーション市場を活性化を目指すとか。
 主な事業内容は@郵便物等の送付手段を活用した効果的な広告媒体の企画、開発、販売業務A個人のパーミッションを取得したデータベースに基づく付加価値の高いダイレクトメールの企画、開発、販売業務B郵便物等の作成及び差し出しに関する業務Cダイレクトマーケティングに関するノウハウ、広告プロモーションに関するノウハウを活用した、上記の各業務に関するコンサルティング業務―など。

 郵便局が民営化されたとはいえ、このようなガリバー企業同士が市場を握っていく構図はさらに加速することでしょう。



posted by 今だけ委員長 at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ツイート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。