2005年09月02日

1977年の新聞労連発行本もジャーナリズムの問題点は今と変わりなし…

新聞が危ない!.jpg
新聞が危ない−同世代を共有する人間として、ジャーナリズムの本質をさぐる!−
著者 新聞労連新聞研究部=編(晩聲社)1,365円

いま新聞社で活躍しているというより、テレビの司会者やコメンテェーターで活躍している方々(筑紫哲也氏、岩見隆夫氏など)が若かりし頃に寄稿したのだろう、今から28年前に発行された新聞労連編集の一冊(続編もあり)。
記者クラブの問題など内側から湧き出るジャーナリズムの危機感は、現代とそう変わりない。
posted by 今だけ委員長 at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ツイート