2007年12月03日

ひと足早い餅つき大会

 若林区ネタが続きますが…

 私が住む若林区五十人町には、伊達八幡神社という由緒ある守り神がちょうど町内の中心に位置していて、何かのイベントを催す際もとても勝手が良いのです。
20.jpg 
 きょうは町内会の恒例行事「もちつき大会」(今年で16回目)がその伊達八幡神社境内で開かれました。つきたてのお餅にあんこ、納豆、ゴマにきな粉そして雑煮の味はコリャまた格別でございます。
だんな衆が腕をプルプルさせながら(私も明日は筋肉痛です。たぶん)餅をつき、つきあがった餅を婦人部の方々がそれぞれのネタに絡めるという協同作業。役員の皆さまお疲れ様でした。

 おととしは「ワケルモービル」に出動してもらい、(紙皿や割りばしの)ゴミ削減に取り組んだのですが、今年は・・・戻っちゃったようです。ワケルモービルとのスケジュールが合わなかったのかなぁ。
来年からはマイ箸とマイ皿(どんぶり)の持参を呼びかけましょう!


posted by 今だけ委員長 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | こせきかつや通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ツイート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。