手前みそでスミマセン。
 河北新報社が会員組織「かほピョンくらぶ」を今月25日に立ち上げることになりました!
<けさの朝刊より>

 昨年9月からこの事業に携わってきたので、ぜひ多くの皆さまに会員になっていただければと願っています。スタッフの一人としても会員の皆さまから喜ばれるようなサービスを創りあげてまいりたいと思っています。

 かほピョンくらぶのスローガンは「まちを元気に、暮らしに潤いを!」。河北新報とつながりのある「ひと・まち・おみせ」の情報交換や交流、会員の生活に潤いと利便を提供しながら、地域の活性化とやさしいまちづくりに寄与していこうと張り切っております。
 会員には「つなぐ・楽しむ・役に立つ」のテーマで、河北新報社主催事業への優待・招待、会員限定の旅行会、新聞社ならではのイベントに参加できるほか、会員専用のウェブサービスなどを提供いたしま。さらに会員証を提示すると、飲食店をはじめ、ショッピング・レジャー施設など「かほピョンくらぶパートナー(運営協力店をパートナーと呼びます)」による特典や割引サービスが受けられます。パートナーさま約1800件と提携していただきました。ありがたいことです。
 ご入会は「ふらっと」に登録されている方全員と言いたいところですが、東北エリアに住んでいる18歳以上の方となります。もちろん入会費・年会費は一切かかりませんよぉ。
 
 入会の申し込みは25日から!こちらからお申し込みください。よろしくお願いします。