2008年04月30日

ジョージ・クルーニーの哀愁は何とも言えません

 じつは「映画好き」なのですw 行こう!と思うとなかなかタイミング(野球観戦のため…)が合わずに機会を逃しているのですが、今日は仕事を早めに切り上げて東口のチネ・ラビータ(今日はメンズデーで1,000円也)で久しぶりの映画鑑賞。
   
 作品は2008年アカデミー作品賞にノミネートされている「フィクサー」。主演は僕の大好きなジョージ・クルーニー。オーシャンズシリーズのジョージもカッコ良いのですが、1999年公開の「スリー・クングス」も良かったなぁ。
 「フィクサー」では隠された罪をもみ消すマイケル・クレイトン役を演じ、薬害訴訟で製薬会社を弁護する弁護士の不審な死、そして自らが狙われていることを悟る。金で動くもみ消し屋も最後は正義のために立ち上がる…。というストーリー。上映時間は2時間10分かな。
17.jpg    
 映画館からはスタンプラリー(鑑賞券の半券を貼る)の応募用紙をもらいました。2008アカデミー賞作品賞ノミネートの5作品を鑑賞すると豪華プレゼントが当たるというものです!
フィクサー(上映中)
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(チネ・ラビータで上映中)
ノーカントリー(5月3日から仙台フォーラム)
つぐない(5月17日からチネ・ラビータ)
JUNO・ジュノ(6月中旬から仙台フォーラム)
18.jpg
 どれも必見ですね!スタンプラリーに応募して>“オスカー像”(レプリカ)をゲットするゾォ〜?


posted by 今だけ委員長 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | こせきかつや通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ツイート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。