2008年06月19日

ぜひ読んでいただきたい1冊

 ここのところ、何かとせわしなくしてまして日記を書くのをサボってました。

 きょうは明日発刊される本のはなし。
 私が勤める会社の広報紙『ひまわりクラブ』(毎月最終日曜日の河北新報へ折込)に連載されている「仙台万華鏡」が書籍としてデビューしました。
1.jpg 
「七月十日は灰の町」著者:石澤友隆
A5判250ページ 定価1,575円(税込)
あらすじ:昭和二十年七月十日未明、仙台上空にB29が現れた。またたく間に炎に包まれ焦土と化した仙台の町。太平洋戦争当時の市民の暮らし、社会、空襲の証言を記録する。

 楽しい時も、苦しい時も・・・まちの歴史を理解しておくと視野が広がるものです。お勧めの1冊です。


posted by 今だけ委員長 at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | こせきかつや通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ツイート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。