2008年10月17日

仙台朝市  60年の笑顔を次の世代へ

 仙台市民の食文化を支えてきた仙台朝市。「イラッシャイ×2」と威勢のよいチョットかすれがかった独特のかけ声は、飲食店の仕入れ先としてはもちろん、日によっては観光客でごったかえすほどの盛況ぶりです。
 そんな仙台朝市も今年で60年を迎え、きょうとあすの2日間「おかげさまで60年 感謝のつどい」(主催:仙台朝市商店街振興組合)が開催されています。
c8eec84820f5f9d24ffb71972bad0d51.jpg
 河北新報にも掲載されましたが、今回の催しのテーマは「60年の笑顔を次の世代へ」。親子二代にわたって仙台朝市を支える商店会の皆さんがモチーフになっています。とてもいい写真(ポスター)ですね!
287483c839499ea397f543860b90e965.jpg
 来場者には記念品(10時から先着1,000名)とかき汁(11時から先着1,500名)が振舞われます。今日は13時の時点でかき汁は完食〜。
そのほか。袋詰め特売や100円均一セールなどイベントが盛りだくさん。
 もちろんかほピョンくらぶブースも出店しています。名づけて「食べる栗原復興支援!」。会員証持参の方へ朝市商品券などが当たる「ガラポン抽選会」(17日のみ)や震災復興(栗原地域への)チャリティー募金なども行っています。あすは私も張りついていますので、お時間のある方は“かき汁”食べに来てください!(早く来ないとなくなっちゃいますが…)


posted by 今だけ委員長 at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | こせきかつや通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ツイート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。