2011年07月09日

がんばっている後輩たち。先輩として一肌脱ごうじゃありませんか!

きょうの河北新報夕刊より
http://bit.ly/ploP0z

 じつは私、仙台市立八軒中学校の卒業生なんです。

 思い起こせば昨年の12月11日、同中学校の同窓会幹事会へ出席した際、吹奏楽と合唱部が同年10月に、合唱と吹奏楽それぞれのコンクール全国大会で、吹奏楽が銅賞、合唱が銀賞を獲得。その功績をたたえ、かつ在校生の更なる活動援助を目的に同窓会基金から金一封を贈呈した場面に遭遇していました。
eb32fcedbec778bcbbe0ec5059bed12b.jpg 
 その後、全国的にその名を轟かせている合唱部、吹奏楽部の後輩たちの活躍は、3・11大震災を乗り越えて大きく成長したように感じます。全国の中学生たちが競い合うコンクールを辞退して、被災地へ出向き“うた”で被災者を勇気づける後輩たち。すごいことをやっています。

 先輩として、1枚1000円のCDを買ってやれることしかできないけれど、できるだけ多くの人たちに聞いてもらいたい。このCDをミリオンセラーにして、後輩たちを今年の紅白歌合戦に出場させてやりたい。そんな気持ちで広報役を買って出ました!がんばっている彼ら、彼女ら、そして顧問の先生を多くの人の心にそして歴史に残してやりたいと思うのです。

 収録されている「あすという日が」は誰もが口ずさめる曲で、人の心を和ませ、勇気づけてくれます。収益金の全額が被災地へ義援金として寄付されるので、ぜひ皆さまのご支援とご協力をお願いします。地元の書店、CDショップでお買い上げいただきたいのですが、アマゾンでも購入できます。全国発売なので友人知人へのご案内も希望します。


posted by 今だけ委員長 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | こせきかつや通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ツイート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。