2013年09月26日

「東北出身の楽天ファンに優勝を伝える地元紙をプレゼントしたい」広島で新聞販売店を営む仲間の気配り

 きょうはうれしいニュースです。
 宮城県仙台市宮城野区に本拠地を置く、東北楽天ゴールデンイーグルスがプロ野球パシフィックリーグで優勝しました。球団創設から9年目にして初のリーグ優勝です。
▽東北楽天、パ・リーグ初制覇(河北新報2013年9月26日付)
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/09/20130926t14036.htm
▽河北新報号外 2013年9月26日付
http://www.kahoku.co.jp/gougai/2013/g201309260101.pdf

 湧きまくる仙台ですが「東北楽天」の名の通り、その経済効果が東北全体に波及してもらいたいものです。仙台だけが盛りあがるのではなく、宮城や東北の被災エリアにも「楽天効果」が届くように願いたいですね。


 akute.jpg新聞販売店ではプロ野球チームの優勝にあやかった大手スーパーや百貨店の「優勝セール」をお知らせする新聞折込チラシの特需があります。
 でも「優勝が決まった翌日の朝刊折込」という代物なので、日中に組み込んだチラシへ追加で組み込むという作業が生じます。私の職場ではきょう、社員3人に待機を指示し、優勝決定後に約90分で組み込み作業を終えました。
 販売店では翌日の段取りをする一方で、新聞社の販売部は夜の街で号外配りをしていることでしょう。皆さまお疲れさまです!
* * *
 楽天イーグルスネタでもうひとつ。

 広島県福山市で新聞販売店を営む信頼のおける方からメールが届きました。「私どものエリアに住む東北出身の楽天ファンに優勝決定翌日の河北新報をプレゼントしたいのですが、50部ほど購入しますので送っていただけないでしょうか」というもの。
 さっそく、あす発送することを伝えました。こういう読者への気配りができる販売店経営者が、厳しい時代だけれど商品(新聞)の売買だけじゃない顧客とのつながりを深くしているのだなぁと思います。

 顧客との信頼関係・・・。そのプロセスを大切にしても数字に表れないとダメ出しを食らう新聞販売現場には、そのような余裕もなくなっていると感じます。そして、そんなお家事情を顧客はしっかり見ているものです。

posted by 今だけ委員長 at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ニュース
この記事へのコメント
 広島県から「河北新報朝刊50部」…うれしい注文ですね。私は楽天ファンの女房に頼まれ、27日付一般紙とスポーツ紙を駅で買いました。スポーツはスポニチ、一般紙はもちろん河北。1面「河北春秋」は秀逸でしたね。
Posted by 宴会ていんめんと at 2013年10月02日 11:43
宴会ていんめんとサマ!
コメントありがとうございます。

こういう販売店間の連携ってこれから大切になってくると思います。アイディアと実行力がこれからの新聞販売店運営には必要になってくるので、イイ取り組みは取り入れてもらいたいです。
Posted by 今だけ委員長 at 2013年10月07日 19:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375882544
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ツイート