2012年10月10日

文書を読み解く力のある方がチョイスした2012の地方紙記事

日本の現場 地方紙で読む2012.jpg
日本の現場 地方紙で読む2012
共著 高田昌幸、花田達朗、清水真(旬報社)2,500円

 日本の現場―。前回の2011版に引き続き、地方紙記者のまなざしを感じ、地域の読者へ発信したいこと、考えてもらいたいことがギュッと詰まった記事(コンテンツ)が42本収録されています。
 ネットでは配信されていない記事(特集)がこのような冊子となってオモテに出ることで、その記事が主張する問題提起がうかがえてイイものです。記事をチョイスした編集者は「どんだけ記事を読んでいるのだろう」と思うのですが、人が書く文章の先にあるものを読み解く力がなければ、このようなすんごい記事のチョイスは出来ないわけで…。お仕事とはいえ、頭が下がります。


 ぜひ、各地方の「現場」で丹念に取材をしながら問題を提起してくれる新聞記者が書いた2012年の記事を読んでもらいたいと思います。


※高田昌幸さん(高知新聞社)から謹呈いただきました。高田さんどうもありがとうございました。
注文はこちらから↓
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%8F%BE%E5%A0%B4-%E5%9C%B0%E6%96%B9%E7%B4%99%E3%81%A7%E8%AA%AD%E3%82%802012-%E8%8A%B1%E7%94%B0%E9%81%94%E6%9C%97/dp/4845112795

posted by 今だけ委員長 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296730501
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ツイート