2012年09月01日

パワーカスタマーの時代ですが… 安全確保優先で仕事します

 きょう9月1日は防災の日。全国各地で防災訓練が行われているようです。
▽9月1日は防災の日 各地で訓練(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120901/k10014701701000.html


 つい2日前の8月30日早朝(4:05)に起きた地震(東日本大震災の余震で宮城県沖を震源とする震度5強・マグニチュード5.6)もかなり強い揺れでした。
 早朝4時といえば新聞配達作業の真っただ中。自宅から担当する販売店へ電話で状況確認とエレベーターが休止する可能性があると予見していたので「(夜が明けて)足元が確認できるようになってから配達の開始を」と指示。ジャージを羽織り、会社に到着したのは4:45。会社の1階にある販売店には配達スタッフの方がバイクや自転車に新聞を積み、さっそうと配達へ向かう方もいらっしゃいました。
 会社内のライフラインとセキュリティシステムをチェックし、再度販売店へ配達状況を確認したところ「ほとんどのマンションエレベーターが止まっている・可能な限り(階段を上り)各戸へ配達しているがタワーマンションは不可能だ」とのこと。
 「いたしかたないか…」と思いつつ、各販売店からの報告書を眺めていたら「8時頃からエレベーター会社が点検にきて普及したようなので、再配達しました」との力強い報告もある一方、「1階ポストへ配達したことへの苦情です。エレベーターが止まっていたことを説明しましたが『それはお前たちの理由だろ!』と罵られました」とも。


 パワーカスタマーの時代ですから、グッとこらえて顧客ニーズに応えていかなくちゃいけないと思いました。あくまでも配達スタッフの安全確保が優先ですけどね。
* * *
販売店側の配達員不足が壁に…?

 最近、新聞産業全体を見ている方(理解できる方)が少ないなぁと思う時があります。セクト主義というか、自分の部署のことしか考えていないというか…。

DSC_0360.jpg 経営的に厳しい状況下にあるからかもしれませんが、(紙の)新聞ビジネスモデルにおいて優先させなければならないことは、最新の情報を一定の時間までに読者へ届けること(紙面内容は別次元として)。それを無視してコストカットを優先させることに違和感を覚えます。店着時間が遅れる→改善策は講じた→あとは販売店側の問題…。
 そういう論法でこられると、つくづく「読者と向き合っていないんだなぁ」と思います。あーぁ残念!
 

posted by 今だけ委員長 at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの喜怒哀楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ツイート