2012年06月19日

3.11大震災時のメディア産業の内側を伝える/文化通信特別縮刷版

 文化通信縮刷版.jpeg
その時メディア産業は―東日本大震災(文化通信 特別縮刷版)
発行:文化通信社(1000円)

 新聞のみならず、それぞれの産業に特化した情報を伝える業界紙。
 昨年の震災以降、被害に見舞われたそれぞれの産業をどのように報じたのか、記者の目線が試されたのではないかと感じてていました。産業界とつかず離れず、お手盛り記事が多いといわれる業界紙(睨まれるとその逆も)にあって、新聞業界の内情を報じるのもこれまた難しいわけです。しかし、被災地の状況を伝え続けた新聞社、配達し続けた販売店を内側から報じた業界紙も新聞産業のアーカイブ機能としてとても参考になります。

 文化通信特別縮刷版は2011年3月21日付から6月6日までの紙面から、(新聞、出版分野の)メディア産業の動向を伝える記事がピックアップされています。電子データで保存しておきたい気もしますが、やはり「紙」で持っておきたい1冊です。
posted by 今だけ委員長 at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/275969595
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ツイート