2006年06月03日

新聞労連が新聞特殊指定見合わせに対する声明を発表

 まだまだ新聞各紙では新聞特殊指定問題を後追いした記事が数多く掲載されています。
 本日付の読売新聞は社説で[新聞の特殊指定]「『当面見直さず』の結論は当然だ」との見出しで「不毛な見直し論が提起されることのないよう、強く公取委に求めたい」とこれ見よがしに「だから言ったじゃない!」との理論を展開しています。

 また、前のエントリーでも書いたのですがライブドアのPJニュースでも「新聞特殊指定の特集」において、ある意味暴力的とも取れる痛烈な新聞批判を展開するなど土俵の外にいるメディア(新聞も含めて)が紙やネットを使って“言いたい放題”の状況になっていると感じます。

 その中で、新聞労連が声明を出し「公取委の結論はあくまで通過点。私たちが目指すのは販売正常化の実現だ」とし、「現在でも規制を超えた景品提供や契約期間に応じた無代紙が後を絶たない」と指摘。「新聞の公共性を高め、新聞ジャーナリズムの信頼を構築することが急務だ」と表明しています。

新聞の特殊指定改廃見合わせに対する声明


 6月2日の自民党独占禁止法調査会で公正取引委員会は、新聞の特殊指定改廃について、今回は結論を見合わせることを表明した。昨年11月に公取委が特殊指定見直しを表明して以来、議論が続いてきたが新聞については当面は残ることになる。この結論自体は、私たちが求めてきたことと一致する。しかし、この結論に至る議論の経緯には、問題が多いと考える。
 新聞労連は特殊指定改廃にこれまで一貫して反対してきた。「新聞の同一題号同一価格」を定めたこの制度が廃止されれば、購読料値下げによる乱売合戦が予想されるからだ。現在でも規制を超えた景品提供や契約期間に応じた無料購読(無代紙)が後を絶たず、これに値引き合戦が加われば販売現場は混迷を極める。資本力の弱い新聞社は次々と倒れ、多様な言論を形成してきた新聞が少数の新聞に淘汰され、民主主義が危機にさらされるだろう。
 私たちはこれまでの議論から、特殊指定維持を求めるには販売正常化が実現しなければ理解が得られないと訴えてきた。新聞労連が調査したところ、新聞に対する意見は「紙面内容」よりも「新聞販売への苦情」が圧倒的に多かった。
 新聞労連はこれまで新聞協会に販売正常化の早期実現を求め、公取委には特殊指定の堅持を訴えてきた。今回、公取委が出した結論は私たちの主張に沿ったものだが、問題点も多い。これまで公取委は新聞協会との話し合いで「実態の説明」を求めてきたが、協会側は明確な回答を避けてきた。現状を説明し、矛盾点の是正へどのように取り組むかが焦点だった。
 一方、公取委の方針には与野党を問わず全政党が反対し、自民、公明の両党は独占禁止法に特殊指定の内容を盛り込んだ改正案をまとめ、国会提出に向けた手続きを進めてきた。公取委が見合わせると判断した背景にはこうした政界の動きがあるといわれている。業界側と「かみ合わない」として議論を打ち切った公取委。独禁法の改正で公取委の権限を封じ込めようとした政界。本質的な議論を置き去りに、何より読者・市民の意見を顧みないままの政治癒着といえる。
 さらに公取委が「見送り」を最初に伝えたのは自民党で、新聞業界の窓口となっいている新聞協会ではなかった。このことは問題の本質からすでに新聞業界が、一歩外に押し出されていることを表している。公取委が議論すべき相手はいつの間にか政界にすり替わっていた。
 今回の議論では販売正常化に関する問題で前進したことはほとんどなかった。公取委が説明を求めても、新聞業界が明確に答えなかったからだ。公取委の結論はあくまでも通過点ととらえなければならない。そして私たちがめざすのは販売正常化の実現である。「言論・表現の自由」「知る権利」を守る責務を果たすことで新聞の公共性を高め、新聞ジャーナリズムの信頼を構築することが急務である。新聞労連の取り組みはこれからが正念場だ。
2006年6月2日
日本新聞労働組合連合(新聞労連)
中央執行委員長 美浦克教



posted by 今だけ委員長 at 12:43 | Comment(2) | TrackBack(3) | 特殊指定
この記事へのコメント
特殊指定存置を機に業界がよくなっていくことを期待したいです。諦め観がひろがっていますが・・・
Posted by newspaper at 2006年06月04日 10:48
newspaperサマ!
せめて自らをジャーナリストであると思っている方々だけは「困った世の中だ」、「さて、どうする」などと気楽なことを言ってほしくないですね。自らの業界の問題なのに“対岸の火事見物”はないですよね。諦める前にもっとやること、やれることが山積しているのですから…。
Posted by 今だけ委員長 at 2006年06月04日 20:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

不当解雇して、ぎょうさん取られた!
Excerpt:  「52人解雇は不当」 大手タクシーに賃金支払い命令やとさ! 皆も聞いたことあるやろけど、こいつら『組合』ってな連中はろくな奴がおらへん。先日も親友の経営者ばっかしで高級居酒屋で食事中、その話になっ..
Weblog: やんちゃなおやじ!
Tracked: 2006-06-04 04:04

公取委の特殊指定見直し断念の背景要因に、世論の高まりを数えるには無理がある
Excerpt:  新聞の特殊指定をめぐり、公正取引委員会は2日の記者会見で、結論を見送ることを正式に表明した。これを伝える新聞各紙の記事は、「当然の結果」というトーンが目立つ。しかし、今回の結末に対して、世論の後押し..
Weblog: ニュース・ワーカー
Tracked: 2006-06-04 21:11

新聞は??じゃんけん後出し??しかできなかったのではないか
Excerpt:  廃案となるまでは気を抜くわけにはいかない共謀罪だが、この1カ月余を振り返って、ブログの力というか、blogosphereの世論形成力、社会運動としてのブログの可能性について考えている。言い方を変えれ..
Weblog: ニュース・ワーカー
Tracked: 2006-06-07 21:12
ツイート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。