2010年09月24日

紙面が訴える力! 祝イチロー選手10年連続200本安打

 米大リーグのイチロー選手(シアトルマリナーズ)が10年連続200本安打を達成!素晴らしい大記録です。
自分に厳しく、多くの名言を残し、毎朝カレーを食べるイチロー選手。マスコミからの質問もさりげなくかわし、常に自分のペースを貫くこの男の魅力は語るに尽きません。

▽イチロー、10年連続200安打を達成(読売新聞 9月24日付)
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20100924-OYT1T00117.htm

その他 009.jpg
 けさ、仙台駅周辺で読売新聞が「イチロー 10年連続200安打」の号外を配っていました。ブラ4頁の紙面にはイチロー選手をイメージキャラクターにしている企業の広告がふんだんに使われています。キリン一番搾り、NTT東日本、「ユンケル」sato製薬、ワコール。どれもイチロー選手と長期間スポンサー契約をしているところばかりで、記録達成に便乗して号外を使ったPRも結構なインパクトがあったと思います。
 さすが読売新聞(松井だともっとよかったのかも)といったところでしょうか。
  *    *    *
 いま、仙台市内では「2010年APEC第3回高級実務者(SOM3)会合」が、今年8月にオープンしたウェスティンホテル仙台で開催されています。26日まで。
その他 008.jpg この2週間、仙台の街中は外国人と警察官の姿がやけに目立ちます。ホテル側からは宿泊する高官用にと「英字新聞」のオーダーがマックスに…。日本に住んでいてこれだけ英字新聞を目にするのは初めてですが、回収した新聞を見てみると英字新聞は写真の使い方が芸術的でセンスのよさを感じます(こんな私でもそう思います)。英字新聞は当然のことながら横書き統一なので、写真や挿絵が映えるのでしょう。日本の新聞は縦書き、横見出しなど読ませることを重要視しているのですが「芸術的」とはいえず、「広告面」がその要素を補っているのかなぁと感じます。常に読みやすさを追求して、文字サイズや段数の変更を繰り返しているのですが、デザインという観点では日本新聞は既定の枠に収まった作り方からはみ出せないのでしょう。

 新聞をデザイン面から改良し、芸術性を追及しながら読み方の価値を再定義するポーランド出身のジャチェック・ウツコ氏は、新聞デザイナーというポジションで新聞の活性化に大きな影響を与えているようです。ポスターにしたい新聞紙面があってもイイと思います。
▽ジャチェック・ウツコ氏の「デザインは新聞を救えるか?」
http://tedxtokyo.com/ja/blog/jacek-utko-asks-can-design-save-the-newspaper/

posted by 今だけ委員長 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ツイート