2010年06月30日

灯台下暗し 河北新報が朝日新聞と印刷部門で提携

 きょうの正午過ぎ、東京在住中にお世話になった新聞業界関係の方々から電話やメールが多く寄せられて“てんてこまい”

 話をうかがうと、きょう(6月30日)の午後に朝日新聞社の広報から、「製作体制についての会見を開きます」とのプレスリリースがマスコミ各社(業界紙含む)へ送付されたとのこと。「朝日の製作体制がどうなろうと販売労働者は知ったこっちゃない」と聞いていたら、その会見には朝日新聞社取締役製作担当の宮田善光氏と、河北新報社社長の一力雅彦氏が出席するということだからビックリ。

 いや知りませんでした。当然ですがトップシークレットの事案なのでしょう。
 詳細はあすの会見を待つことにしようと思ったのですが、問い合わせてきた方々の話を要約するとこんな感じのようです。


 日刊スポーツ印刷社グループ企業の仙台日刊印刷株式会社(仙台市宮城野区扇町)が所有・稼働している輪転機3セットのうち、1セットが更新時期を迎えたため、早刷り用の1セット分を河北新報印刷株式会社(仙台市泉区明通)へ委託。部数は約5万部。

 輪転機の更新は新聞社(新聞社系列の印刷会社)にとっても大きな投資です。佐賀新聞は輪転機を更新するか他社へ印刷委託するかで悩み、最終的に更新することを決めましたが更新時期がずれ込んだため今年4月から来年3月まで、西日本新聞社の輪転機を借り入れて印刷するというケースもありました。
▽備忘録:西日本と佐賀が輪転機貸借合意/朝日放送と朝日新聞が提携強化
http://minihanroblog.seesaa.net/article/135335826.html

 ANY連合の旗揚げから新聞業界の業務提携は印刷部門だけに止まらず、記事配信に至るまで幅広く行われています。新潟日報社が受託印刷では進んでいるようですが…。
 今回の朝日、河北による印刷部門の業務提携(あす正式発表ですが)が新聞輸送や販売店の統合までを計算した展望があるのかどうかわかりませんが、業界関係者はかなり注目しているようです。


 あす(7月1日)の会見後に河北新報社HP「コルネット」に詳細が掲載される予定です。詳細はこちらで↓
http://www.kahoku.co.jp/

【追記】
▽朝日新聞の印刷受託で基本合意 河北新報社(7月1日15:00 河北新報コルネットより)
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/07/20100701t12040.htm
▽朝日新聞社、河北新報社に委託印刷へ 11年11月から(7月1日15:02 asahi.comより)
http://www.asahi.com/business/update/0701/TKY201007010214.html
 販売店への通達文書には「今回の受託印刷は、業界生き残りのために、また協調と共生という観点から、決断をいたしました。その旨、何卒ご理解のほど…」と記されてありました。
 業界内では関心あるニュースなのでしょうが、一般市民にはどの程度ニュース性があるのか疑問。7月2日付河北新報の第2社会面には、朝日・秋山社長と河北・一力社長が握手をしているカラー写真が掲載されていました。



posted by 今だけ委員長 at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ツイート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。