2006年03月24日

新聞特殊指定 規制緩和政策に加えて既存制度と現実のギャップも問題なのです

 新聞の特殊指定問題について、県議会や自民党の各派閥単位でも現行制度の維持を国に求める意見書を採択した―との報道が連日紙面をにぎわせています。昨日は新潟県議会で、そして今日にも北海道議会で同様の発議がされ、議会採択となる見通しです。いま入ってきたトピックスでは内閣の安倍普三官房長官も「新聞業界を守るということではなくて、国民の知る権利をきっちり守っていく。東京にいようが過疎地、離島にいようが、どういうことが世の中で行われ、それに対してどういう批判、論評があるか知ることのできる社会を維持するのは当然だ」と表明しています。


 さらに、自民党の各派閥(二階グループ・丹羽、古賀派・河野グループ)も、新聞の特殊指定制度の存続を求める決議書を公正取引委員会に提出するなど、ここに来て政治家連合の動きも活発になってきました。

 新聞業界と政治家の深いつながりを指摘する「声」は少なくありません。「読者の新聞離れ」も新聞が社会的な問題を取材し、紙面で読者に提起することによって世の中の関心を引き、社会的な運動を巻き起こす―という「読者との一体感」が薄れてきた結果だと感じます。さまざまな情報を編集して、正確な情報を発信することと併せて読者と共に住みよい社会を目指していく… 新聞ってそんな役割を担っている―と思っています。「声」を無視してきた新聞の方が、読者から離れていったのでしょう。

 このブログにも「愚行な拡販を繰り返す全国紙」への批判とは反対に、地方紙に対しては好意的なご意見も頂戴しています。新聞社もボランティア団体ではないので、営利を求めないと取材活動も縮小せざるを得ないのですが、発行部数拡張のためにルールを無視した販売行為は改めなければならない。「既存の制度と現実のギャップ」を抱えたままでは、公取委も判断に苦慮するのだと思います。全国紙は「新聞の役割とは何か」を社内で議論したうえで、多様な言論を地方でも提供するというスタンスで拡販をするべきです。
 もう自ら新聞の価値を下げるようなことは止めませんか。



posted by 今だけ委員長 at 11:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | 特殊指定
この記事へのコメント
官房長官までに到達したのですね。新聞と政治の緊密な関係がより浮き彫りになってきましたね。

全国紙も春から紙面一新をするようですが、読者の声を反映した形になることを期待して止みません。
Posted by newspaper at 2006年03月24日 20:22
newspaperさん!コメントありがとうございます。
ブログ検索サイトのテクノラティを見ると「特殊指定」に関するトピックスも“安倍普三がこう述べた”というだけで、スゴイ書き込みがあるものです。それだけ官房長官(安倍さんの知名度なのでしょうけど)の発言も大きく受けとめられるのでしょうねぇ。

紙面一新ですか…。うちは紙面を変える度に読者の「止める理由」に使われてしまいます。残念ですが。
Posted by 今だけ委員長 at 2006年03月25日 00:23
うちは紙面を変える度に読者の「止める理由」に使われてしまいます。

→なるほど、本当に由々しきこですね。残念無念。どうしたらいいんでしょうか?
Posted by わかばやしく at 2006年03月28日 01:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ツイート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。