2010年03月16日

朝日の即売値上げは5月に延期…?

 「新聞情報」からの引用で、4月から朝日新聞が1部売りを現在の130円から、20円引き上げて150円に値上げするというエントリーを書きましたが、5月からに延期されるとの情報が入りました。先のエントリーの値上げ時期を「4月から」を「5月から」へ訂正します。

 もうひとつ朝日新聞に関するネタですが、2月のABC部数で朝日が800万部を割ったことが速報されました。
 朝日新聞社販売担当で中央協委員長を務める飯田真也氏を中心に、販売正常化を推進する動きを強めている朝日新聞。産経新聞と同様に部数整理のタイミングを図っていたのかもしれません。朝日新聞では昨年末に販売店(ASA)との取引契約を新たに見直し、発行本社と販売店の権利と義務を明確化すると発表したばかり。
 「朝日新聞MEDIA DATA 2010」の公称部数が803万1579部ですから、2009年1〜6月平均部数から半年経過して3万部強(▲3.75%)の減紙。通常の企業で考えれば「その程度の浮き沈み」と取られるかもしれませんが、新聞業界は「創刊何周年」などの記念年に「何百万部達成」といった会社の歴史のようなものを背負っているものです。もちろんですが広告費(段単価)の価格設定の問題もあるため、定着した部数の御旗を取り下げることはそう簡単なことではありません。読売もナベツネさんがいるうちは1000万部を割れないのではないかと思います。

 押し紙によってかさ上げしてきた部数を正常化(適正化)できるのは、正直なところ経営者の判断しかありません。配達されることのない新聞をビジネスホテルやファミレスへ無償で提供して、あたかも配達先があるように見せかけて公称部数を守ろうとする販売政策では立ち行かなくなっていくのは当然のことです。
 顧客ロイヤルティをあげていくためにも新聞には「信頼」が一番大切なのだと思います。これは紙面だけではなく、売り方も同じことなのです。

 最近の業界の動きを見ていると、週刊ダイヤモンドで連載中の「ザ・メディア」に何となく近づいているように感じます。


posted by 今だけ委員長 at 19:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 時事ニュース
この記事へのコメント
委員長によると朝日新聞が即売値上げをするとのことですが、どうして4月から5月になったんでしょうか? 本当に5月に値上げをするんですか? ぜひ背後関係を教えていただきたい。少なくとも現時点でASAには何ら説明がありませんよ。

Posted by 関係者 at 2010年03月16日 21:43
関係者サマ!コメントありがとうございます。
最初に朝日の即売値上げを知ったのは業界紙「新聞情報」の記事です。記事には「近く、関係者に説明する」とあるので、記者が朝日の販売筋(業界紙記者が取材する人は結構偉いクラスだと聞いたことがあります)から得たスクープだったのだと思います。それが、今日ほかの業界関係者の信頼している方から「4月から5月に変わった」という情報をいただいて掲載しました。
1カ月ずらした根拠はまだ得ていません。
Posted by 今だけ委員長 at 2010年03月16日 22:24
追伸:関係者サマ!
ちなみに教えていただきたいのですが、朝日、読売、日経が「ANY連合」を組んで販売面の提携も目指すという記者会見が2007年10月1日に行われましたが、ASAへの説明は事前にありましたか?
Posted by 今だけ委員長 at 2010年03月16日 22:32
そうですか。そのうちきっと本社から通達があるのでしょうね。いつも私たちの預かり知らぬところで、そういう話は決まるのですから。ただ、事前連絡なくいきなり値上げとなると現場は混乱してしまうので、そのようなことがないようにしてもらいたいですね。

それとANY連合についてですが、事前説明があったかというと、記憶にありません(すみません)。まあ、極秘に進められていたことは間違いないと思いますが・・・私にはわからない世界です。
Posted by 関係者 at 2010年03月16日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ツイート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。