2010年01月12日

きょうのクローズアップ現代は新聞特集

 きょう、NHK総合で19:30から放送されるクローズアップ現代の特集は
「新聞・押し寄せる変革、日米は」です。

 米国の新聞社の現状が主な構成のようですが、日本新聞協会の内山斉会長(読売新聞グループ会長)や読売、朝日との委託印刷を展開する新潟日報社などが登場するようです。立花隆さんの新聞産業への考察もうかがってみたいと思います。


 「新聞の危機」だけでなく、業界のエゴにならない程度に新聞の活用術やマスメディアの必要性などを生活者の視点で解説してもらいたいものです。


NHK0-2_edited.jpgNHKクローズアップ現代HPより―
 私たちにとって身近なメディア・新聞をかつてない変化の波が襲っている。
 世界の新聞ジャーナリズムをリードしてきたアメリカ。収入の7割を占める広告収入が、インターネットの拡大や不況によって激減。新聞の廃刊が相次いでいるのだ。ピューリッツアー賞を何度も受賞してきたニューヨーク・タイムズ紙や、西海岸を代表するサンフランシスコ・クロニクル紙など有名新聞社も経営難に陥っている。新聞社が消えたことによってジャーナリズムの「空白」が生まれ、汚職や選挙違反が増加するのではないか、との専門家の指摘もあり、ジャーナリズムをどう守るのか、国を挙げた議論も始まっている。一方、収入の7割は販売に依存し、経営構造がアメリカとは違う日本でも、将来の生き残りを賭けて新聞業界の取り組みが進められている。日米の現状を通じて、新聞ジャーナリズムの行方を展望する。(ゲスト立花隆氏)




posted by 今だけ委員長 at 07:16 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
NHKしか出来ない企画ですね、民放では身内の恥さらしでしょうから。「日本独特」の新聞社の組織、収入構造、販売制度にどれだけ突っ込んでいるのでしょうか、興味深々です。立花隆さんくらいだったら新聞業界にメスを入れる本をそろそろ出してもいいころではないかとも思うのですが・・・
真山仁さんなんかもゲストでお呼びすれば良いのになあ・・・
Posted by ANYは絵に描いた餅 at 2010年01月12日 18:47
はじめまして

新聞じゃないとリベラルが保てないのでしょうか?

国営放送こそリベラルにジャッジできるのかな?


ジャーナリストなら大樹に頼る必要なんかないと

思いませんか。
Posted by たまむし at 2010年01月12日 21:10
ANYは絵に描いた餅サマ!コメントありがとうございます。
昨日の放送は知人と酒を飲みながら、ワンセグで見ていました。ジャーナリズムという言葉がやけに鼻についたなぁと感じました。
日本の新聞社が抱えている現状と下流部分(記事配信の提携ですから上流部分もですね)の業務提携などの話は適切に捉えられていたと思います。まぁ30分番組で、まして新聞社への取材を行ったということではまずまずの内容ではなかったでしょうか。
Posted by 今だけ委員長 at 2010年01月14日 00:56
たまむしサマ!コメントありがとうございます。

現状はご指摘されていることへ「いや違う!」と大きく反論はできないのかなぁと感じています。でも、大樹に頼らないジャーナリストの集合体(組織的取材のメリットはあるはずです)が新聞社であってほしいと思っています。新聞社のなかにもいろいろな方がいるわけですが、しっかりと使命感を持っている人もいますよ。大多数か?といわれると厳しいのですが…。
Posted by 今だけ委員長 at 2010年01月14日 01:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ツイート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。