2009年05月25日

付加価値として届けていた小冊子も削減の流れ

 「販売店の経営が厳しいから」なのか、はたまた「新聞社が補助金をねん出できなくなっているから」なのか…。

 販売店が(新聞社から強制的に?)購入して、読者への付加価値として提供している小冊子(発行は新聞社ですが、ほぼ外注です)が、だんだん姿を消しています。

 日本経済新聞では、毎月20日頃に全読者(新聞へ折込)へ届けていた「日経4946File」を今月号で休刊するとのこと。挨拶状が同封されていました。
  4946.JPG
 この手の読み物は「奥さま向け」が多いのですが、この4946(ヨクヨム)ファイルは結構参考となる特集が組まれていて、いつも待ち遠しくしていました。愛読者だっただけに残念です。

 今後は日経読者応援Webサイト「nikkei4946.com」へ集約されるとのこと。

 朝日新聞が2008年度3月期決算で139億円の赤字を計上するなど、厳しい状況が続いている新聞業界。
 経営が厳しくなったから、採算が合わないものはやめる→サービス低下を理由に読者も購読をやめるというスパイラルに陥るのは目に見えています。
 これまで新聞社が地域への文化的貢献として行われてきた美術展などの事業も縮小方向に向かうのでしょう。それでなくても、日々届けられる新聞を手に取れば(減ページによって)薄っぺらくなってきたと、読者は感じているはずです。薄くなっても中身が濃ければ問題ないのでしょうが・・・。

 さまざまなものがスクラップされ始めている新聞業界。攻めの姿勢はまったく感じられません。



posted by 今だけ委員長 at 20:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
新聞社の経費節減など(販売店の負担軽減?)による小冊子などの廃止の流れは、日経に限らず、朝日や読売にもあるようですね。。。日に日にページ数が減る紙面(チラシも少ないせいか、さらに薄く感じます)も、新聞社の広告落ち込みによる用紙代等の経費節減策なのでしょう。 どちらの問題も、新聞社の勝手な都合ですよね。そこには読者のことを考え、サービスや商品価値の向上を目指す、前向きな姿勢は全く見えてきません。。 新聞はどこに向かっていくのでしょうか?  新聞愛読者として、新聞の未来を危惧しております。。
Posted by コシアブラ at 2009年05月28日 02:24
コシアブラさま!コメントありがとうございます。

私の実家えでゃ母親が「毎日夫人」の愛読者でバックナンバーまでとっています。そのような付加価値があるから購読を続ける、購読紙を決めているという実態を新聞社の方々はあまり関心がないように思います。

「新聞購読をしている人は紙面の内容で選んでいるのだ」というのはカッコウよいのですが、紙面で勝負を挑むなら、販売政策ももう少しは変わってもよいかも…。言っていることとやっていることがちぐはぐで、ひとたび経営状況が思わしくなくなるとあっさり変わってしまうのでは、(読者も変わるでしょうけれど)顧客軽視と言われても仕方ないと思います。

ご指摘の通り、新聞がどこに向かおうとしているのか、なにを守ろうとしているのかがまったく見えません。だからこのようなブログで、変わってほしいこと、期待したいことを少々批判めいて書いてしまう自分がいたりしています。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by 今だけ委員長 at 2009年05月28日 10:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ツイート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。