2006年01月03日

初売りで賑わう商店街で… 運ぶ手間=300円

 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 この業界に入ってから「ゆく年くる年」など観たことなかったんですが、今年は年末31日まで働いたので、15年ぶりに元旦はお休みをもらいました。新聞販売店は、1月2日以外に完全な休み(朝刊・夕刊とも発行されない日)はないのですが、皆さんとても頑張っています。それは毎朝新聞を届けてもらいたいというニーズがあるからなんです。この時期の配達は辛いけれども、朝一番の情報を宅配という手段で提供する「新聞の最終ランナー」としての使命感があるから踏ん張れるのです。分厚い元旦号を配達していただいた皆様には感謝申し上げます。

 1月2日は時間があったので久しぶりに初売りをのぞいてきました。福袋を抱えた老若男女が街にごった返してました。ホントに景気は回復してるんかネェ…。
  70421337_211s[1].jpg     70421337_230s[1].jpg
 そこで注目したのが郵政公社さんとヤマト急便さんが「福袋の発送承ります。東北地方は1個300円」ってブースを出して営業してたこと。300円安ーい!と思いながら、正月から『過剰な競争で張り合ってるなぁ』という印象を持ちました。
 これまでは、消費者ニーズがあるから仕事が生まれてきたのでしょうが、いまは「仕事を得るため」にこれまでの生活習慣すらもぶち壊す方向へ向かっているように感じます。
 自分で買った物を運ばせる―日本人ってそんなに裕福な生活習慣が備わってしまったのでしょうか。
posted by 今だけ委員長 at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

書評「働きすぎの時代」
Excerpt:   今だけ委員長さんが「初売りで賑わう商店街で… 運ぶ手間=300円」のエントリーで、郵政公社とヤマト急便が、福袋の発送を1個300円で請け負うのを見て「これまでは、消費者ニーズがあるから仕事が生ま..
Weblog: ニュース・ワーカー
Tracked: 2006-01-05 11:41
ツイート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。