2012年10月27日

読売新聞 大和町へ新仙台印刷工場建設 2015年2月稼働目指す

 読売新聞が仙台市にほど近い大和町へ印刷工場を建設することが確定しました。2015年2月からの稼働で、宮城県内円域と岩手、山形両県の一部へ同紙約12万部を印刷するとのニュースが入ってきました。以下に引用します。

▽宮城・大和に本社新工場 東北に情報発信(読売新聞 10/27付)
 読売新聞東京本社は26日、震災で被災、閉鎖した仙台工場(仙台市宮城野区)に代わり、新たに宮城県大和町(たいわちょう)に用地を取得し、新仙台工場(仮称)を建設すると発表した。2015年2月から、宮城県全域と岩手、山形両県の一部地域に配達する読売新聞朝刊約12万部を印刷する予定だ。
 新仙台工場は、大和町の工業団地「大和リサーチパーク」内の約1・2ヘクタールに建てる。この土地を選んだ理由は、地盤の固い内陸部で、東北道の泉インターチェンジに近いなど輸送にも適しているため。仙台工場の跡地は売却した。
 26日には、同本社と県、大和町が県庁で立地協定書に調印した。杉山美邦(よしくに)・専務取締役経理局長は「東北の読者にニュースを確実に届けるのが我々の使命。一刻も早く建設したい」と意気込みを語った。宮城県の村井嘉浩知事は「情報発信の拠点としての重要な役割を担ってほしい。新工場建設は復興に欠かせない」と期待し、大和町の浅野元町長も「一日も早く用地を引き渡せるよう協力したい」と力強く話した。
 同本社は現在、閉鎖した仙台工場の代わりに、今年3月から河北新報社に印刷を委託している。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamagata/news/20121026-OYT8T01524.htm
 

▽読売新聞印刷工場宮城・大和に建設へ 県・町と立地協定(河北新報 10/27付)
 読売新聞東京本社は宮城県大和町に新たな印刷工場の建設を決め、26日、宮城県、大和町と立地協定を結んだ。来年11月に着工し、2015年2月の稼働を目指す。
 用地1.2ヘクタールに鉄筋3階の建屋を建設し、輪転機2セットを備える。宮城県全域と岩手、山形県内の一部に配る朝刊約12万部を刷るほか、他媒体の印刷も検討する。総投資額は未定。稼働に伴って新規雇用を予定する。
 立地場所はリサーチパークの拡張区域約9ヘクタールの一部。同社は仙台市宮城野区の旧工場が東日本大震災で被災、閉鎖したため、代替拠点の整備を検討していた。
 協定締結式に出席した読売新聞東京本社の杉山美邦専務は「(立地場所は)地盤がしっかりしている。安定してニュースを届けたい」と語った。村井嘉浩知事は「雇用拡大など地域活性化を期待する」と歓迎した。
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/10/20121027t12030.htm
* * *
 今年3月から読売新聞、10月から報知新聞(スポーツ報知)を受託印刷している河北新報印刷センターですが、その受注業務は永続的なものではなくあと2年4ヵ月という期限付き。同じく受託印刷している朝日新聞も「ずっと…」という保証はないわけです(読売の印刷工場竣工と同時に鞍替えされないか心配)。受託によって既存の河北系販売店の店着遅れなども生じ、逆に新聞社として窮屈になっていく可能性もあるように感じます。

 また、読売新聞は地方都市で印刷工場を運営する際に大手印刷会社との合弁会社を設立して運営していることから、「今度はどこと組む?」のか気になります。

 フェイスブック上では、「被災地への工場建設と雇用創出で(読売新聞が行政から)助成金のようなものが受けられるのだろうか」といった意見も出されており、今後の同社の動きも気になります。

posted by 今だけ委員長 at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース

情報発信者と受け手のリテラシー… 東日本大震災時の情報格差の検証


災害弱者と情報弱者.jpg
災害弱者と情報弱者―3・11後、何が見過ごされたのか―
共著:丸山紀一郎・田中幹人・標葉隆馬 (筑摩選書)1,500円


 東日本大震災から1年が経過した今春あたりから、防災・減災の取り組みが一層クローズアップされていくなかで、緊急時の情報発信のあり方と受け手のリテラシーの問題について検証する論文が多く出されています。そのすべてを読むことは時間的および金銭的に難しいのですが、知人がまとめたものを検索しアマゾンで購入しています。

 災害弱者と情報弱者…このタイトルを見る限りでは、どうしての高齢者のことをイメージしてしまうのですが、内容は3つに区分され、@災害弱者をキーワードに震災前から存在していた社会の脆弱性が、実際の被害の度合いにつながり、復興へと向かう過程の中でも引き続き影を落とす可能性を指摘A情報格差を焦点にメディアの論評、洪水のような情報に対して情報とどう向き合い、信頼できるメディアとは何かを論考B「情報の多様性」「横並び報道」をもとに福島第一原発事故を受けてマスメディアが作り上げてきた論調―などを膨大な資料とともにまとめられています。


 筆者の一人である丸山紀一郎さんは、昨年5月に宮城県入りし(当時は早稲田大学院生)、新聞社や販売店、そして仙台市内や石巻市の避難所などをアテンドさせていただいた方で、ワンコイン応援メッセージにも何度か協力してくれた知己です。特に丸山さんが書かれた第3章をじっくり読ませていただきました。「丸山さんよく踏み込んで書かれていますね!」
▽震災がもたらした「新聞産業の復興」への動き(今だけ委員長ブログ 2011/5/1)
http://minihanroblog.seesaa.net/article/198765190.html
* * *
 もうひとつのネタとして、株式会社ペーパーメディア研究所の青山一郎さんから情報提供をいただいた「被災地における新聞販売店を活用した地域情報提供モデルの検討」という論文を最近読みました。
 山田健太さん(専修大文学部准教授)、千錫烈さん(東京大学院教育学部研究員)、植村八潮さん(専修大文学部講師)、野口武悟さん(盛岡大文学部准教授)の4名による共著で、この論文は昨年11月に開催された「第13回図書館総合展」の企画で「東日本大震災に向き合うとき」で発表されたものをまとめたものです。この論文は無料でダウンロードできるのでありがたいのです。
▽被災地における新聞販売店を活用した地域情報提供モデルの検討(JAIRO・専修大学学会)
http://jairo.nii.ac.jp/0181/00002102

 内容については、私のような販売労働者が語るのも僭越なのですが、「机上のはなし」という印象が強く、「新聞社の方々からしか取材してないんじゃないの?」という空論的かつ理想的な論考に止まっていると感じます。販売現場はもっと“泥くさい”もの。ドジョウになりきれなかった野田首相と同じく、新聞社(官僚)と読者(有権者)の間を多くのジレンマを抱えながら存在しているのです。

 「新聞販売店はこうあるべきだ」という期待に感謝しながら、「ではその体制を敷くにはどんな障害をクリアしていかなければならないのか」とのジレンマをとたたかいながら、先人たちは大きな荷物を残したまま、「定年」という期限で去っていくのです。なかなか理想通りにはいかないものです。

posted by 今だけ委員長 at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2012年10月22日

ワンコイン応援メッセージ第18弾は岩沼エリアで発行します!

 ワンコイン応援メッセージ 岩沼市編.jpeg ワンコイン第17弾 名取編2面.jpg
 ワンコイン応援メッセージ第18弾を岩沼市エリアで発行します。

 同エリアで河北、毎日を取り扱う松岡新聞店さんへ2,000枚お願いしてきました。仮設住宅等が多い区域を中心に、あす23日の朝刊に折り込まれます。
2面には、前回に引き続き日弁連の「被災ローン減免制度」のチラシを掲載しました。


 ほとんどの方に継続支援をいただいております。本当に感謝しています。また、メッセージはありませんでしたが、「ナカノ エリコ」さんのお名前で4口お振り込みをいただきました。どうもありがとうございました。
 最近は新たにご支援いただく方も少なくなっているのも現状ですが、今だけ委員長の懐(ふところ)も厳しくなってきたため、来年4月末発行分(第24弾)までは発行を継続していきたいと思います。


 ワンコイン応援メッセージは、引き続き(あと6回)
発行します。皆さまのご協力をお願いします。
*  *  * 
ワンコイン応援メッセージプロジェクト第19弾 ご協力のお願い!
 ワンコイン応援メッセージプロジェクトは、被災した新聞販売店への支援と被災エリアへの情報提供を目的に折込チラシを発行するプロジェクトです。
@ 行エリア:亘理郡山元町エリア
A 込部数:3000部程度
B 込日:2012年11月20日頃
C メッセージ受付締切:11月10日
D支援金の振込先:ゆうちょ銀行・店番818・普通口座3265931
 名義:コセキカツヤ
 ※1口500円でお振り込みください。
Eその他:メッセージは140字以内でお願いします。チラシへ表記するお名前(ニックネーム可)、所属、居住地も一緒にコメント欄へ入力してください。

2012年10月16日

新聞社が受託印刷の拡大を推進する一方で、販売店は・・・

 聖教新聞、朝日新聞、読売新聞・・・。宮城県の地元紙「河北新報社」の別会社として設立された「河北新報印刷」が、これまで受託印刷(聖教新聞は日刊紙扱いではありませんが)を受け入れてきた新聞に、あす17日付から報知新聞(スポーツ報知)が加わることになりました(あすの紙面で確認してください?)。


 もっと早くアップしたかったのですが、「公言禁止令」が出されていたので、“サラリーマン”の今だけ委員長も河北新報社の「プレスリリース」が出されるまで自重していました。昨年3月11日の東日本大震災で閉鎖を余儀なくされた「読売新聞仙台工場」(仙台市宮城野区苦竹)での印刷作業が途絶えた時点で、報知新聞労組の関係者からいろいろと話をうかがっていたので、“いずれこうなる”とは思っていました(正式には今年7月末に読売から報知新聞印刷の要請があり、9月に本契約)。


times3.jpg これまで報知新聞の印刷を担ってきた郡山工場では、(東北六県への)輸送時間の問題で読売ジャイアンツのナイター戦の完全掲載ができないことや今年は読売ジャイアンツの優勝(相当の圧力によって)が確実になってきたことなどから(この優勝を記念に同社の老害が引退をしてくれるとイイのですが…)、同工場では読売ジャイアンツのファン層を多く抱える報知新聞からの要望に応えられなくなっていました。
 当面は、夏季(ナイターシーズン)は14,000部、冬季(プロ野球のオフシーズン)は16,000部を2015年2月末まで受託印刷するとのこと。


 さて、販売店からすると“すんばらしい輪転機”の対応力があれば、さほど気にするものではないのですが(新聞社にも儲けていただかないと…でも実際に作業をするのは河北新報印刷の皆さん)、私たちがいう「本紙」(河北新報)の販売店着が遅れてしまっては元も子もありません。というか、3月に読売新聞の受託印刷をスタートした時点から毎週末は相当の遅れが生じています。
 「ことあるごとに(店遅れを是正するよう)改善を求めている」とエライ方々には尽力していただいているようですが、なかなか「改善」は難しいようです。この状況が続くと、企業内における「慢性化」が進み、読者からそっぽを向かれてしまうのではないかと懸念しています。

 新聞社間の受託印刷は時代のすう勢とも相まって、受け入れる側に「利益」をもたらしますが、その受け入れ態勢のシステムを軽んじて“ケチって”しまうとちゃぶ台返しを食らうことになりかねません。
 新聞を愛読していただいているシルバー世代は、「決まった時間」に新聞が手元に届くという習慣が、継続購読(もちろん新聞に対する信頼性も)の土台を築いているということを新聞社の方々に僭越ながら「ひと言」伝えたいのです。

* * *
さすがに早い。業界紙の文化通信社さんがこの情報をアップされています。
▽河北新報、スポーツ報知の印刷を受託 東北3県向け(文化通信 10/16付)
http://www.bunkanews.jp/news/news.php?id=13129

posted by 今だけ委員長 at 23:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ニュース

2012年10月10日

文書を読み解く力のある方がチョイスした2012の地方紙記事

日本の現場 地方紙で読む2012.jpg
日本の現場 地方紙で読む2012
共著 高田昌幸、花田達朗、清水真(旬報社)2,500円

 日本の現場―。前回の2011版に引き続き、地方紙記者のまなざしを感じ、地域の読者へ発信したいこと、考えてもらいたいことがギュッと詰まった記事(コンテンツ)が42本収録されています。
 ネットでは配信されていない記事(特集)がこのような冊子となってオモテに出ることで、その記事が主張する問題提起がうかがえてイイものです。記事をチョイスした編集者は「どんだけ記事を読んでいるのだろう」と思うのですが、人が書く文章の先にあるものを読み解く力がなければ、このようなすんごい記事のチョイスは出来ないわけで…。お仕事とはいえ、頭が下がります。


 ぜひ、各地方の「現場」で丹念に取材をしながら問題を提起してくれる新聞記者が書いた2012年の記事を読んでもらいたいと思います。


※高田昌幸さん(高知新聞社)から謹呈いただきました。高田さんどうもありがとうございました。
注文はこちらから↓
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%8F%BE%E5%A0%B4-%E5%9C%B0%E6%96%B9%E7%B4%99%E3%81%A7%E8%AA%AD%E3%82%802012-%E8%8A%B1%E7%94%B0%E9%81%94%E6%9C%97/dp/4845112795

posted by 今だけ委員長 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2012年10月09日

販売店のコンテンツを利用するしかない…打開策なき新聞ビジネス

 日本新聞協会が毎年実施している「私の提言―明日の新聞広告・新聞ビジネス」の第3回目の優秀作品が8日、発表されました。
 同コンクールの目的は「今後の聞 広告、新聞広告に関連した新たなビジネスモデルなど、新聞広告ならびに新聞産. 業の 将来に向けた『提言』を求める。これら『提言』を活用して対外的な情報発信を強化するとともに、新聞産業の活性化を図ること」。新聞協会がこのようなコンクールに取り組む3年ほど前から、日本新聞労働組合連合(略称:新聞労連)では新聞産業の新たなビジネスモデルを経営側へ提言すべく、「新聞産業研究会」を立ち上げて活動しています。先ごろ、第2期の中間報告書が発表されています。


 今回、優秀賞に選ばれた提言は、中日新聞社・鶴田航さんの「販売局・販売店との連携による広告新商品の開発」と、朝日新聞名古屋本社・荒井達さんの「新聞が切り拓(ひら)く教室〜出張授業による教育CSRで企業と親子世代をつなぐ〜」の2作品。

▽中日新聞社員に優秀賞 新聞産業の提言コンクール(日本経済新聞 10/8付)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0800W_Y2A001C1CR8000/
 両作品ともこれまでの新聞紙面を活用したり、博覧会のような文化事業による収入確保という新聞社の王道的な分野からは離れ、販売店のデータベースや宅配網の活用、学校や子ども会への新聞を活用した出張講座へ自ら出向く―といった内容になっています。

 新聞社と販売店の連携強化については昔から言われてきたことですが、「なぜ実現しないのか?」まで掘り下げて考えていかないと、いくら素晴らしい提言でも机上のものとなってしまいます。新聞社の収入増(維持)はとても必要なことです。しかし、その目標をそれぞれの部署が勝手に手柄を得ようと画策し、権力を盾に販売店のコンテンツを奪い取るような行為は“信頼関係を壊す”ことにつながります。

 これからの新聞産業はさまざまな協業(ほかの産業とも連携)を展開しながら、新聞社や販売店にも相応な果実を分配することなしには共倒れになってしまいます。この辺の内部的な調整、コントロールができる柔軟な発想を持たれた方に経営を担っていただきたいのですが…。難しいですね。

朝日名古屋、中日に優秀賞 「私の提言」 最優秀賞は該当なし(新聞協会10/8付)
http://www.pressnet.or.jp/news/headline/121008_1966.html
posted by 今だけ委員長 at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース
ツイート